ウォーターサーバーのクーリングオフについて

ウォーターサーバーのクーリングオフは、基本的には適用できないと考えておきましょう。しかし、一定の条件を満たせば、解約・キャンセルできる場合があります。一度ウォーターサーバーの契約をしたのに、業者の都合で勝手に契約を切られたら困ると考える人も多いでしょう。それは業者にとっても同じであり、契約者は一度契約を結んだら、理由もなく契約を解約・キャンセルすることはできません。期間内に解約をする場合には、違約金を払わなければなりません。

クーリングオフとは、契約を結んでから8日以内なら無条件で契約をなかったことにできるという制度ですが、ウォーターサーバーではクーリングオフは基本的にはありません。クーリングオフという制度は、元々は訪問販売や電話勧誘販売による押し売りから消費者を守るためにできた制度です。ウォーターサーバーでも訪問販売や電話勧誘販売で購入した場合にはクーリングオフが適用できます。

しかし、ウォーターサーバーを契約する人の多くは、インターネットから申込みをしています。あるいは、デパートやショッピングモールで契約をしたという人もいるでしょう。その場合、十分に考える時間があったので、基本的にクーリングオフは適用されません。契約による特約がある場合には、クーリングオフができます。契約内容に「10日以内なら自由に解約ができる」といった特約がつけられている場合には、その特約に従います。契約内容をよく確認しておきましょう。
参考